新入社員の自己紹介

社内報で更なるコミュニケーションを図ろう

新入社員の自己紹介は、社内報の定番です。新入社員は他の社員に向けて、自分の気持ちをアピールすることができます。「新入社員はどんな人だろう」と気にしている先輩社員は意外と多いのです。気になっているけど、どんな人かわからないから話しかけられないと思っている先輩社員もいるかもしれません。先輩社員は社内報の自己紹介を読んでいます。定期的に発行している社内報を使ったコミュニケーションは、実はお得なのです。社内報は所属する部署だけではなく、他の部署の社員も読んでいるので、しっかりと活用して、更なるコミュニケーションを図りましょう。先輩社員が読んでいる社内報を使って、新入社員はしっかりと自己アピールしたいですね。

社内報の自己紹介のポイント

新入社員が社内報の自己紹介を書く上で、いくつかのポイントを紹介します。就職活動の自己紹介ではないため、堅苦しい内容にならないように気を付けましょう。あくまで自己紹介なので、名前を覚えてもらうことが何よりも大切です。名前と配属先、出身地などの基本情報は押さえましょう。シンプルでわかりやすく書くことがベストです。基本情報の後は個性をアピールしましょう。新入社員は何人もいるので、しっかりと先輩社員の記憶に残るように、趣味や特技などをアピールするといいでしょう。誇張しすぎるとマイナスなイメージを持たれてしまうかもしれないので、注意が必要です。

将来の抱負や意気込みを語ることも重要です。取り組みたい業務などをアピールすると、好印象を与えられます。