イラストや写真を添付する

部分的にイラストを加えましょう

社内で起こった出来事や新入社員の紹介、新商品の解説など社員向けに制作された読み物のことを社内報と言います。新入社員からベテラン社員までが目を通すため、担当する場合は満足してもらえるような構成やデザインにしましょう。読み手のことを考えるなら、部分的にイラストを加えるのがコツです。メインとなるのは文章や図表などで問題ないですが、それだけの状態になってしまうと読み手の目は疲れますし、飽きてしまう可能性があります。制作するからには多くの社員に最後まで目を通してもらえることが大事です。イラストは読み手の目を和ませたり、難しい印象を変えたりする効果に期待できるため、過剰にならない程度に加えるようにしましょう。

写真を挿入して見やすくする

社内報にはイラストに加えて写真を挿入するのがおすすめです。会社で行われたイベントの様子や仕事をしている場面、新入社員や中途採用社員の顔写真などを色々な部分に挿入すれば、読み手は文章の理解を深められますし、1枚で色々な情報を伝えることができます。また、社内報にはできるだけ社員が写っている写真を掲載するようにしましょう。規模が大きくて支店や営業所が複数ある会社の場合、社員同士が顔を合わせる機会は少ないです。そんな時は、社内報に掲載する写真を通して同期や一緒に仕事をした仲間が元気にしている様子を伝えられます。たとえば、年に1度でも良いので、支店や営業所単位で写真を撮影し、社内報に載せるようにすると離れていてもお互いの姿を確認できます。